つい癖でやっちゃうこと

つい癖でやっちゃうこと

最近のカップラーメンって、昔から比べたらはるかに美味しくなりましたよね。「カップラーメンでいいか~」と、貧乏だったころはそうやって食事を済ませてしまっていたものですが、今じゃ「カップラーメンが食べたいな~」なんて思うことも時々ありますから。

それで、私は結構家で一人のときはカップラーメンを食べるんですが、いつもやってしまう間違いがあるんですよね。ふたを開けたら、かやくやスープを先に全部入れちゃうんです。これって当たり前に思ってる行為なのですが、今のカップラーメンって、後入れのスープやかやくがあったりするんですよね。「ふたの上において暖めてから入れてください」というやつです。

こういうタイプの場合、先に入れちゃうとお湯の温度が下がって麺が完全にほぐれないときがあるんですよ。ノンフライ麺の場合は特に。

何度も同じ間違いを繰り返してはいるんですが、やっぱり癖で先に全部入れてしまうんですよね。で、後から蓋の警告を見て「やっちゃった!」って思うんです。味は別にそんな変わらないだろうって思っているんですけど(実際変わってるんでしょうが、私の味おんちじゃ分かりませんよ)、麺がほぐれないのは美味しくないですからね、がっかりしちゃいます。

癖が酷すぎて、カップや焼きそばにもソースやふりかけを先に入れちゃうこともあります(笑)。ぺヤングが好きなのでしょっちゅう食べるんですけど、ぼーっとしながら作ってると10回に1回はやらかしていますね(笑)。間違えたときは仕方なく普通のスープや味塩をかけて食べてますが、まぁ美味しくないです(苦笑)。

これも癖づいた習慣なんだろうなって思います。行動がパターン化されてしまっているんですよね。例えば私の場合、仕事から帰ってくると、まず真っ先に洗面所に向かってお風呂に入ります。この癖が付いているせいで、どんなに早く帰ってきてもまず真っ先にお風呂に入りますし、旅行や仕事でホテルに泊まってもチェックインしたらまずはお風呂か温泉です。

パターン化された行動を守ってると落ち着くんです。または、そうしないと落ち着かないともいえますね。カップラーメンの行動もその落ち着くパターンの行動の一つなんだと思います。

まぁ、まわりからしたら単に私が抜けてる性格でちゃんと確認しないだけだっていう理由がもっぱらですけどね。「あなたはカップラーメン程度の料理もできないの?」って、何度かみさんに笑われたことか(笑)。

ドライアイ用の目薬

このごろプライベートでも頻繁にパソコンを使うようになったせいで、目の乾燥が酷くてたまりません。いわゆるドライアイって症状でしょうね。

パソコンの画面に注目するという行為は、TVやTVゲームで画面を見ているときに比べてはるかに目を酷使してしまうようです。モニタから目が近い状態で注目しますし、細かい文字や画像を追わないといけないため、目も疲れやすいそうです。

確かにパソコン画面に注目しているときは、集中しすぎてまばたきを忘れているような気がしますね。じーっとひたすらに見つめては、時折目の疲れを感じては「あー」と言って目をつぶって一呼吸入れるのがいつものことですから。

視力が落ちたなって感じはしていませんが、光に弱くなったなって感じは常々感じています。晴天の真昼間に太陽の下にでるとサングラスが欲しいくらい目をしぼめてしまいます。昔はこんなこと無かったものですから、やっぱりパソコンの悪影響が大きいんじゃないかなって。

あまりにも辛いので友人に相談してみたら「ドライアイ専用の目薬くらい使った方がいいよ」とのアドバイスを受けました。私はいつも目の渇きを感じるといつも冷蔵庫に入っている目薬をただ指しているだけなのですが、目の症状別に目薬を選ばないと効果は無いんだそうです。

普段使っている目薬を確認したら、いわゆるクールタイプというやつで、指したらスースーする清涼感が感じられるという目薬でした。この清涼感は気持ちよくて好きなのですが、ドライアイの症状に関しては、実はこのタイプの目薬はあまりよくないそうでした。ドライアイには刺激が少なく、潤いをたくさん与えてくれる目薬じゃないと意味が無いんだそうです。

それでこの間薬局に行って「ドライアイ用の目薬ってありますか?」って尋ねてきました。尋ねて最初に紹介されたのはちっちゃな目薬なのに2980円もする高級品でした。「こんなに高いんですか!?」って思わず他のお客さんが振り返っちゃうくらい大きな声を出してしまいました(笑)。

まぁそれは特に高い目薬だったらしく、700~800円くらいのリーズナブルなドライアイ用目薬を後に紹介されてそっちを買いましたけれども。それでも普段買っている目薬は500円でお釣りがくる程度のものなので、ちょっと高くは感じてしまいましたけれども(苦笑)。

でも、買ったドライアイ用の目薬には大満足。「あぁ、うるおいってこういうことか!」って分かるくらい、今まで使っていた目薬とは違う効果を感じることができました。

目は命。いつまでも大切にするためにも、症状にはちゃんとした対処をしないと駄目ですね。ただ、2980円の目薬は買う気にはなれないですけど(笑)。