最近ハマっている懸賞生活

最近ハマっている懸賞生活

最近、節約生活を始めたと同時に、懸賞生活も始めました。

ネットで応募できるものは切手代もかからないし、

フリーメールのアドレスを使えば 迷惑メールに悩まされることもないので、有効活用しています。

意外と当たるもので、最初は1000円の商品券だったり、

少額ではあるものの、ただで応募して1000円は大きいものです。

たくさん応募している為、忘れたころに、当選したと商品が送られてきたり、

今ではちょっとしたマイブームとなっています。

その後も、ビールなどの飲み物が当たったり、5000円の商品券が当たったり、

全く当たらないということもなく、楽しく毎日、色んな懸賞に応募しています。

ひょっとしたら、宝くじより、当選確率はいいかもしれません。

高額商品はまだ当たっていませんが、これからも狙っていくつもりです。

でもやはり、迷惑メールはきますし、どこかで、情報が漏れているようです。

優良サイトでも、ネット社会は恐ろしいものです。

フリーメールでなければ怖くて応募はできません。

一方節約生活といえば、電気代の請求がきて驚きました。

先月よりも、2000円も安くなっていました。

まめに電気を消したり、主電源から切ると、ここまで変わるものなのかと驚いています。

今は、灯油の価格も高騰しているし、まだまだ寒い日が続いていますが、

ケチケチしています。そのせいで風邪をひいてしまったのかな・・・(笑)

家計簿をつけているので、節約ができると、目にわかる結果なので、楽しくやりくりができます。

SNSも存分に活用し、そろそろ髪をきりたいなと思っていたので、

そのSNSのカットモデルのコミュニティに入り、無料でカットやパーマ、カラーをして、美容室代を浮かせています。

これも来年の冬にハワイで結婚式を挙げるための努力です。

削れる場所は削って貯蓄。

超ドケチ生活ですが、慣れればなんともなくなりました。

夫も協力的で、来年の冬までに、150万を目標にしています。

懸賞と節約生活。できれば懸賞で生活できればいいのですが・・・。

今日もたくさん応募するぞー!!

中古ドメイン

挨拶は基本です・1

子どものころ、母から口を酸っぱくして言われたことがあります。

「挨拶だけはちゃんとしなさい」

親戚の人、近所の人、お友達のご両親、学校の先生、習い事のコーチ……とにかく「おはようございます」とか「ありがとうございました」とか、そういった言葉を大人の人に対してもはっきり言える人間になりなさい、とことあるごとに諭されたものです。

引っ込み思案な子どもであった私にとって、大きな声で挨拶するということは、正直なところ苦痛でした。

「挨拶の大切さ」を身を以て知るようになったのは、大人になってから、それも社会人として働き始めてしばらく経ってからのことです。

会社という利益追求の組織の中で、私はなんとなく「朝の挨拶が颯爽とできる人とは、一緒に仕事をしていても気持ちがいい」ということに気付きます。逆に、朝から無言でオフィスに入ってくるような人は、性格的に一癖あってお近づきになりたくないタイプか、もしくは「仕事ができない」人。近くにいると、こちらのテンションまで下がります。

初対面の人に対しては「第一印象が大事」だとよく言われますが、この第一印象も、挨拶ができるかできないかに係るところが大きいのではないでしょうか。営業に配属された新人くんが研修でまず挨拶の仕方を教え込まれるというのも、このあたりの事情からだと思います。

いくつかの職場を経験しましたが、やはり「挨拶」と「仕事に関する有能度」は密接な関係がある!と思えてなりませんでした。

はきはきと挨拶のできる人が必ずしも頭が良くて何でも器用にこなせるかというとそうではないのかも知れませんが、

「おはよう!」

と元気にオフィスに入って来てくれる人がいるだけで、その職場の雰囲気が一気に和やかに明るくなるのは喜ばしいことです。